スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人初の、エベレストへ単独・無酸素登頂を目指す ヒマラヤダウラキリへただいまアタック中

先日横浜のイベントで知り合った栗城史多君がいよいよダウラキリ頂上にアタックする

栗城史多君プロフィール

1982年6月9日北海道生まれ。
2009年、日本人初の、エベレストへ単独・無酸素登頂を目指す
若き道産子ソロアルピニスト。

高校卒業後、都会にあこがれ東京へ向かうも、挫折。
上京から1年後には北海道へ戻り、大学に進学
1年生の時、山岳部へ入門する。

登山を開始し2年が経過した
2004年 6月(22歳)初の海外旅行で
北米大陸最高峰の「マッキンリー」を単独登頂に成功。
以降、
2004年12月 南米最高峰「アコンカグア」(ポーランド氷河)
2005年 6月 ヨーロッパ最高峰「エルブルース」
ヨーロッパアルプス最高峰のモディ・タキュル・
モンブランなどの三山
2005年10月 アフリカ最高峰「キリマンジャロ」
2006年10月 オセアニア最高峰「カルステンツ・ピラミッド」
2007年12月 南極大陸最高峰「ビンソンマシフ」
それぞれ、単独・無酸素にて登頂。

現在までに、6大陸の最高峰、そして2つの8000m峰を単独登頂。

2007年 5月 ヒマラヤ初遠征で世界第6位高峰「チョ・オユー」  
(8201m)7700m地点からスキー滑降
2008年10月 世界第8位高峰「マナスル」(8163m)

特に、2008年10月に登頂成功した「マナスル」では
日本人として初となる単独・無酸素登頂と、山頂からのスキー滑降に成功。

座右の銘 「Beyond the limit」
夢は、生と死狭間から「生きる力」を次世代へ伝えること。
自然と自分との共生、そして、壁を越えることの楽しさ
夢や希望を持つことの大切さを伝え続け、日本を元気にする。

身長162センチ、体重60キロ。という小柄な身体で
肺活量・筋量ともに、成人男子の平均以下という驚異的な肉体のなか
「山との対話」を大切にしながら、2009年
ついに7大陸最高峰のラストとなる、「エベレスト」(8848m)にて
単独・無酸素登頂を目指す。
エべレスト単独無酸素登頂は、未だ日本人では成功した人はおらず
その冒険の模様をインターネットで全世界に動画配信を予定!

好きな食べ物:つるとんたん(うどん)
嫌いな食べ物:なすび
趣味    :読書
嫌いなもの:トレーニング、寒い所

公式ホームページ http://kurikiyama.jp/

ブログから

こんばんは!
BCマネージャーの児玉です。

先ほど栗城と、
16:00の定時交信を行いました。

栗城は、現地時間の14:00に、
無事、C3に到着いたしました。

本来は7700mにC3を設営する予定でしたが、
強風で行動開始が遅れたため、
7238m地点にC3を設営することにしました。

時間が遅くなると雲が出て、
ルートを見失う可能性があるので、
賢明な判断だったと思います。

C3はスペースがとても狭く、
傾斜地でテントを設営するのが、
とても大変だったそうです。

あまりにもスペースがなく、2日前から強風のため、
C3に停滞している韓国隊の、
トイレの場所にテントを張ったとか...。

これでウンもつくでしょう(汗)。

今日はこれから温かい飲み物をつくって飲み、
温かい食べ物を食べ、
仮眠をとって、
夜中の0:00にC3を出発する予定です。

天気予報では、
風が弱まってくるのが少し遅くなった、
ということで、
出発時には風が強いかもしれません。

しかし、朝方には風は収まってきて、
登頂日和になると思います。

今日はBCも徹夜で栗城をバックアップします。

随時、新しい情報を配信していきますんで、
お楽しみに!

そして、皆さんのパワーを、
栗城に送ってやってください!

さて、C3の栗城からの
メッセージをご覧ください。

5月17日

ナマステ。

今日は標高7200mのC3にいます。

テントを建てるのに一苦労しました。

酸素が薄いのか、
体が下にいるときとは全然違います。

正直怖いです。

これから8時間後には
アタックを開始するのですが、
風も強いということなので、
気を付けて行ってきたいと思います。

ん~~~~~~~~~~~~!

頑張ります!!

以上です!


そして、栗城隊を支えてくれた、
スタッフの皆さんに感謝したいと思います。

今日は徹夜になると思いますが、
宜しくお願いします。

行ってきます。

ナマステ。

現地時間 16:00
現在位置 C3(標高7238m)
天候 くもり 強風
気温 マイナス15度
体調 高所の影響か体がだるいです


みんな無事登頂を祈ってくださいm(__)m
ファイト栗城君

すべてに感謝「ありがとうございます」
スポンサーサイト

*コメント

非公開コメント

        
*プロフィール

矢古宇栄次(やこうえいじ)

Author:矢古宇栄次(やこうえいじ)
自己紹介です(⌒-⌒)ニコニコ...

矢古宇栄次(やこうえいじ)

栃木県宇都宮市で生まれ

地元の幼稚園、小学校、中学校を卒業

何の希望もなく今まで勉強の実績がないので、最低限私の学力で行ける高校を選択し進学(笑)

これまた何の希望もなく地元の建設会社へ

3年弱の勤務で建設業よりも楽しい仕事があるのではと社会勉強?

様々な職業、アルバイト、自営を経験した。

仕事とはお客様が「ありがとう」と喜んで頂くことと気づき24歳で建設会社を起業翌年法人化現在に至る。

建設業に携わり20年です。
小さな事を全うしない者は大きな仕事も全う出来ない。

「大きな仕事はゼネコンへ小さな仕事は当社へ」をキャッチフレーズ

「建設業を通して人と社会に役立つこと」を理念にこれからも全力で働いて参ります。

建設業家の内外の困りごとにとどまらず

日々の生活で不便なところを解消できる便利屋集団としてお役に立つよう努力しています。

困りごとご一報ください(^_^)

そんな社長の小さな会社の小さな仕事を少しずつご紹介致します。

仕事の合間に時々する寄り道・・・これがなかなか楽しい(笑)

派手さのないブログですが

ごゆっくりご覧下さい

すべてに感謝「ありがとうございます」

        
*最近の記事
        
*最近のコメント
        
*最近のトラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリー
        
*FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
        
*ブロとも申請フォーム
        
*ブログ内検索
        
*RSSフィード
        
*リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。